【玄米酵素の基礎知識16】γ‐オリザノール

生活習慣予防改善

γ‐オリザノールとは、コメ胚芽や米ぬかに含まれる化合物で、玄米やコメ胚芽、米ぬかをしぼってつくる米油に含まれています。

熱安定性がたかいため、優れた高酸化力を発揮するといわれています。

植物ステロールの仲間として、血行を良くしコレステロールを低減させる効果や脳機能の劣化防止等の効果があり、善玉(HDL)コレステロールを増やし、悪玉(LDL)コレステロールを減らすので、脂質異常症*1の予防にも効果があります。

日本では、脂質異常症や自律神経失調症の医薬品として使用されています。

また、酸化防止剤として食品添加物でも認可されています。

最近では、抗炎症作用、抗アレルギ ー作用、皮膚の乾燥や肌荒れを防ぐ作用、筋肉疲労防止作用等が報告されており、化粧品やサプリメントなど幅広く利用されています。

 

脳の機能の改善

γ‐オリザノールは、脳の視床下部に直接働きかけることで自律神経失調症に効果があります。

自律神経失調症は、ストレスや過労、不眠などで生活リズムが不規則なこと、女性に多くみられる更年期障害が原因で起こります。

症状としてはめまい、動悸、倦怠感、頭痛、不眠などがあります。γ‐オリザノールは自律神経の働きをサポートするため、症状の緩和に効果があります。

また、抗ストレス作用から老人性認知症の治療にも医薬品として用いられています。

 

肥満の予防と改善

γ‐オリザノールは、脳のストレスを抑制し、食欲をコントロールする働きがあります。

現代人のように脂肪の多い動物性食品(肉、チーズ、乳製品など)をとり続けていると脳の視床下部にストレスが生じます。

その結果、さらに脳が高脂肪食を欲しがるようになり、悪循環が生まれます。

そんな脳のストレスを抑制し、食欲をコントロールする働きがあるのがγ‐オリザノールです。

【LINEで健康に関する情報を配信しています】

★LINE@に登録して頂くと、LINE@から簡単に予約することができます★

スマホの方は「友だち追加」ボタンをクリック
友だち追加

パソコンでこのホームページを見ている方は、下のQRコードをスマホで読み込んでください。

ついでに読んでおきたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ