「血流のいい人」は疲れない!太らない!

体の各組織に糖や酸素を運んだり、乳酸を押し流したりするのは、共に、血液の働きです。

血流のいい人は疲れにくく、疲れが出ても、比較的早い時間で疲れが回復することになります。

逆に、血流が悪い人は、疲れやすい人、疲れが取れにくい人と言えるでしょう。

血流は、エネルギー代謝を支え、疲れをためないために、非常に重要な役割を果たしています。

血流はまた、体温を保つうえでも非常に重要です。血流は、体のさまざまな場所で発生したエネルギーを、体の隅々にまで届けるからです。

体温もまたエネルギー代謝を維持するのに不可欠です。ほとんどすべての代謝は、酵素という触媒が関わっていて、この酵素の働きの度合いを決めるのが、体温です。

私たち人間の体の中で、酵素の働きが最大になるのは、体温の温度が、37.2度の時です。

「それは微熱がある状態じゃないか」と思われるかもしれませんが、内臓などがある体の内部の温度(深部体温)です。

深部体温が、37.2度の時、舌下や直腸の体温は、大体0.5度くらい低い、36.5~36.7度くらいになります。

私たちが体温を測るときには、わきの下(腋窩)で測りますが、ここはさらに0.5度ほど低くなり、36.2~36.5度になります。体温は、体表に近づくにつれて、外気などの影響で低くなるわけです。

このように血液が代謝を支え、体温を保ちます。

その体温もまた、代謝を支えます。体温と血流によって、代謝が滞りなく行われていれば私たちは疲れにくくなり、疲れをためない体質になることができると言うわけです。

血流が滞っている人は体温が下がりがちです。体温が下がると、体のエネルギー効率が下がります。エネルギーを、活動のためにではなく、まず冷えている体を温めるために使わなくてはいけなくなるからです。

近年では、冷房をきかせすぎ、冷たい飲み物や食べ物を安易に摂るなど、冷えに無防備な人が増えていますが、こういう人は、みずから疲れやすい体質に陥っているといえるでしょう。

自律神経とエネルギー代謝システムの密接な関係、さらにそれらが疲れとどうかかわっているのか。
自律神経のバランスが取れていると、血流が良くなり、体温も上がり、疲れにくくなります。

自律神経は、代謝が最も効率良く行われる37.2度を恒常的に保てるように、体温をコントロールしようとしています。

ですから、自律神経のシーソーがきちんと機能している場合は、血流も体温もよい状態で保たれます。

例えば、交感神経が優位な状態が続き、血流が滞って体温が下がったとします。そんな時でも、休息を取って、副交感神経を優位にすれば、血管が拡張することで血流が回復し、体温も上がってポカポカしてくるはずです。食後に、体がポカポカしてくるのが、いい例です。

また、ラクすぎる生活で副交感神経優位が続いても、活動を始めて交感神経を働かせれば、筋肉から熱エネルギーが発生し、血管の過度の拡張が改善されることによって血流が促され、体温も上がってきます。

自律神経のシーソーをきちんと機能させるような、メリハリの効いた生活が、血流と体温を保ち、代謝を促進して、疲れない、疲れても回復しやすい体をつくるのです。

出典:『疲れない体をつくる免疫力』
新潟大学大学院医学部教授
安保徹著
「「血流のいい人は」疲れない!・太らない!」P208~211

【LINEで健康に関する情報を配信しています】

★LINE@に登録して頂くと、LINE@から簡単に予約することができます★

LINE@に登録していただいた方全員に「足の反射区療法をオススメする3つの理由」を無料でプレゼントします! 登録後すぐにご覧いただけます。

スマホの方は「友だち追加」ボタンをクリック
友だち追加

パソコンでこのホームページを見ている方は、下のQRコードをスマホで読み込んでください。

ついでに読んでおきたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ