「健康の豆知識」の記事一覧

食べたものが通っていく道筋 -「消化管」-

口からお尻の穴まで、食べたものがお尻の穴から出て行くまで、食べたものが通っていく道筋が「消化管」と呼ばれるホースです。 このホースは1本の連続した管です。 口→食道→十二指腸→小腸(空腸)→小腸(回腸)→大腸(盲腸→上行・・・

食品添加物の一括表示の例

グループ名(一括名)で表示できるというものです。 たとえば、調味料(アミノ酸等)という名前が、即席めんにはほとんど入っていますが、これはいわゆる化学調味料の一括表示です。 グルタミン酸ナトリウム、アスパラギン酸ナトリウム・・・

体温が一度下がると、免疫力は4割も低下!『図解 40歳からは食べ方を変えなさい!』

体温が一度下がると、免疫力は4割も低下! 「若さ」と「免疫力」とは相関関係にあります。 免疫力は、病気にならないための抵抗力、病気に打ち勝つ力の源です。20歳のころがピークで、40歳を過ぎると半減します。 通常、免疫力は・・・

なぜ胃に潰瘍ができやすいか?『クスリをいっさい使わないで病気を治す本』

胃潰瘍とは、胃壁に潰瘍ができる病気である。 「潰瘍」というのは、いわゆる組織の表面に炎症がおこって、壊死に陥った組織がはがれかかっている状態をいう。 炎症がおこるのは、血液中の毒素の働きによるものである。局所的には組織が・・・

料理で砂糖を使い分ける

サトウキビ畑の写真

砂糖は大きく分けると、「精製された砂糖」と「完全に精製されていない砂糖」の2種類があります。 精製された砂糖は前述した白砂糖、グラニュー糖、三温糖などで、原料糖と呼ばれる糖蜜を取り除いた分蜜糖から作ったもの。 一方、精製・・・

冷たい水は、口の中で常温にして飲む!

ここ数十年、現代の文明病とも言えるような、さまざまな病気が増えています。 これは、文明の進化で生み出された利器によって、体を冷やす機会が非常に多くなってきたからだと故安保徹(新潟大学大学院医学部教授)は言っておられます。・・・

「血流のいい人」は疲れない!太らない!

体の各組織に糖や酸素を運んだり、乳酸を押し流したりするのは、共に、血液の働きです。 血流のいい人は疲れにくく、疲れが出ても、比較的早い時間で疲れが回復することになります。 逆に、血流が悪い人は、疲れやすい人、疲れが取れに・・・

甘いものの摂り過ぎは、逆に疲れを招く。「甘いものが好きな人」ほど疲れやすい

私たちは疲れた時、疲れを取ろうとして、何かを食べたり飲んだりします。 交感神経の緊張が続き、体が血流不足になったり、血糖値が下がっている状況を、「食べる」という副交感神経のスイッチを入れること、糖を補給することで、何とか・・・

国別がん粗死亡率年次推移

日本は欧米食の影響増加により増加し続けていますが、 逆に欧米諸国では食の改善により減少し続けています。 「世界遺産に認められた日本食」を私たち日本人も今一度 食事を見直す必要があるのかもしれません。

【おすすめの本】きんさん ぎんさんが丈夫で長生きできたワケ

きんさんぎんさんが丈夫で長生きできたワケ

『きんさん ぎんさんが丈夫で長生きできたワケ』 著者:棚橋千里、室生昇 あけび書房株式会社   【要約版】 私はこれまで300人以上の病理解剖をしてきましたが、ぎんさんの身体の中の状態が、一見してとても108歳・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ