インクレチンというホルモンについて

最近注目を集めているホルモンに、腸から分泌されるインクレチンというホルモンがあります。

インクレチンには、GIPとGLP-1の2種類があります。

GLP-1は主に小腸の下部より分泌され、膵臓のβ細胞からのインスリン分泌を促進します。GIPは主に小腸の上部から分泌され、GLP-1と同様に膵臓に作用してインスリン分泌をうながします。インスリン分泌促進作用はGLP-1のほうが数倍強いとされています。

また、インクレチンは、脳に作用して食べる行動を抑制する働きをします。さらに、胃に作用して、胃の蠕動運動を抑制する、つまり食欲を抑える方向に働くのです。

摂取カロリーを減らせば、腸へのストレスが減少し、インクレチン分泌促進にもつながり、それによって、血液中の糖分の分解が進んで、すばやくエネルギーに変わることで、肥満になりにくくなる構図があるようです。
(『「炭水化物」を抜くと腸はダメになる』(松生恒夫著)より)

玄米酵素は、生きた酵素を取り入れるので小腸で消化分解され、老廃物排泄促進効果が期待される安心安全の食べ物です。

 

【LINEで健康に関する情報を配信しています】

★LINE@に登録して頂くと、LINE@から簡単に予約することができます★

LINE@に登録していただいた方全員に「足の反射区療法をオススメする3つの理由」を無料でプレゼントします! 登録後すぐにご覧いただけます。

スマホの方は「友だち追加」ボタンをクリック
友だち追加

パソコンでこのホームページを見ている方は、下のQRコードをスマホで読み込んでください。

ついでに読んでおきたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ