女40歳から体が若くなる食べ方 ”女は「満腹するたびに老化する」を忘れない”

今回は、『女40歳から体が若くなる食べ方』
三愛病院医学研究所所長・西台クリニック院長
済陽高穂著(三笠書房出版)から

”女は「満腹するたびに老化する」を忘れない”を引用させて頂きました。

40代は、消化酵素の分泌量が減少し、消化力が落ちます。食が細くなるからです。

消化力が弱ければ弱い程、消化にエネルギーを使います。活性酸素はエネルギ―作られる時に生まれますから、エネルギー量に比例して発生する活性酸素の量も増えます。

活性酸素は、免疫力を低下させます。

消化酵素の不足と使い過ぎは、免疫力を高める作用を持つ「代謝酵素」の産生を抑え込みます。
代謝酵素は、吸収された栄養素をエネルギーに換えたり、免疫力を維持したり、生命活動全般に使われます。

酵素は栄養素を吸収したり、必要な器官や組織に届けたり、不要な老廃物(ごみ)を体外に排出したりする役割を担っています。

その成分は、タンパク質です。

消化酵素と代謝酵素は、同じタンパク質を材料にして作られます。材料の量は、有限で、2つの酵素が奪い合います。結果的に、消化酵素の生成が優先され、その量次第で代謝酵素の量が決まるのです。

満腹になるまで食べたり、消化に悪い肉、油料理をたくさんたべていたりすると、大量の消化酵素が必要になります。

そのぶん、代謝酵素は不足するため、直ぐに風邪を引く弱い体になり、満腹するたび老けてしまうのです。

極論すれば、旺盛な食欲は免疫力を下げてしまい、命を縮みさせかねないのです。

ただ、体は実にうまくできています。

消化酵素の不足は、野菜、果物、発酵食品に豊富な食物酵素で補うことができます。

農薬を使わない有機野菜、りんご、キウイ、アボガドなどの果物、納豆、味噌、ヨーグルト、それにキムチから、十分な食物酵素を摂ることができます。

なんと、サンマなどの青魚、ヒラメなどの白身魚からも得られます。

しかし、これら酵素のある野菜、果物、魚は、酵素は熱に弱いので、「生であること」が条件です。

食物酵素の補給が十分であれば、代謝酵素の必要量は確保できます。
免疫力の高い、強い体づくりができるのです。

忙しい日々を送られていると、なかなか食事で酵素を補うのは厳しいのが現実かと思われます。

オススメなのは玄米酵素です。

毎食後2袋、1日6袋を摂ると酵素のみならず栄養、デトックスと一石鳥の効果が得られます。

【LINEで健康に関する情報を配信しています】

★LINE@に登録して頂くと、LINE@から簡単に予約することができます★

LINE@に登録していただいた方全員に「足の反射区療法をオススメする3つの理由」を無料でプレゼントします! 登録後すぐにご覧いただけます。

スマホの方は「友だち追加」ボタンをクリック
友だち追加

パソコンでこのホームページを見ている方は、下のQRコードをスマホで読み込んでください。

ついでに読んでおきたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ