なぜ免疫力が重要なのか?「腸は人体最大の免疫器官」リフレクソロジーの効果

免疫力とは何か?

免疫力が高いと、風邪やインフルエンザにかかりにくい、がんになりにくいとよく言われます。

私たちの体には、病気にならないように自分の身体を守る機能が備わっています。これが免疫です。

最近は免疫を一連のシステムとして理解し、その働きに関わる器官を免疫系と呼んだりもします。免疫の程度を表す言葉として免疫力言います。

免疫の役割は、体内に侵入してきた異物を排除したり、起こったばかりの原因を無害化して健康を守ることです。体外から体内に侵入した細菌やウイルスなどの病原体や、細胞の突然変異によって発生したがん細胞を攻撃して無害化させ、病気の発症や体の不調を防御します。

そこで働いているのが「免疫細胞」、「抗体」です。免疫細胞は、体の中に侵入した病原菌は、まず、マクロファージや好中球という「食細胞」に食べられて除去されます。

これらの細胞では除去しきれず、細胞の中まで侵入してきたウイルスやその毒素に対しては、抗体という病原体を弱毒化したり殺したりするタンパク質を作って戦います。この抗体を作る役割を担っている免疫細胞をB細胞と呼びます。

細胞やウイルスに感染してしまった細胞、出来たばかりのがん細胞は、T細胞やナチュラルキラー細胞(NK細胞)により発見され、殺されます。

T細胞、B細胞、NK細胞などを総称して「リンパ球」と呼びます。リンパ球は、「骨髄」で作られ、白血球中に存在して血液の流れに乗って全身に存在し、人体の60%以上が腸管に存在します。

腸に多くのリンパ球が存在しているのは、食べ物、飲み物以外に微生物などの異物や細菌、ウイルスなどの病原菌も入り込んでいるからです。腸は、体の中に入ってほしくない物まで常に接触しているのです。免疫機能が高くないと、外界から侵入する異物や病原菌に対処できないので、病気、体調不良になっていきます。

 

免疫力が低下する原因

1 加齢

加齢と共に正常に働く免疫細胞が減少していきます。また、新しくできた免疫細胞の機能も低下していきます。

2 妊娠

ホルモンバランスの崩れや栄養状態が不安定になることが原因です。

3 激しい運動

激しい運動をした後は、IgA*1の量が低下し、風邪などを引きやすいです。

4 ストレス

試験などのストレスが高まる時期にはIgAが低下していることが研究結果で出ています。体に与えるストレスとして、「冷え」も慢性のストレスです。体が冷えると血管が収縮して血流が悪くなり、体の様々な部位に栄養や免疫細胞が運ばれにくくなり、免疫力が低下する傾向になります。

5 睡眠不足

睡眠時間が6時間以下で短い睡眠中のIgAの分泌量が低下しています。
睡眠時間と同時に眠りの質が高い程、風邪の発症率が低下、7時間未満の人は8時間以上の人に比べ、約3倍風邪にかかりやすいことが報告されています。

6 生活時間

勤務時間が不規則なシフトワーカーを対象にした研究では、規則正しい労働時間の人に比べ、メタボリック・シンドローム、乳がん、前立腺がんの発症リスクが高くなることが報告されています。

7 栄養不足

タンパク質は免疫細胞や抗体の材料となります。血液中のタンパク質のアルブミン量が低い人は生存率が低いという報告があります。

 

免疫力を高めるには?

リフレクソロジー、足裏マッサージ、足つぼ、若石健康法、オルゴン施術を行うことで、リンパマッサージもできて、リンパの流れが良くなり老廃物を除去して血流も良くなり、免疫力も高まります。年齢と共に内臓機能の低下していく各器官の働きも整えられて行くことが期待できます。

 

*1 IgA抗体
IgA(ImmunoglobulinA;免疫グロブリンA)とは抗体の一種で、体内ではIgG に次いで2番目に多い応対です。特に眼・鼻・喉や消化管などの外界と接する粘膜組織において、粘膜表面に分泌される二量体IgAのことを「分泌型IgA」と呼びます。

【出典】
『腸がよろこぶ植物性乳酸菌のチカラ』(P102~106)
著者:松生恒夫(松生クリニック院長)、
   菅沼大行(カゴメ(株)イノベーション本部自然研究部部長)

【LINEで健康に関する情報を配信しています】

★LINE@に登録して頂くと、LINE@から簡単に予約することができます★

LINE@に登録していただいた方全員に「足の反射区療法をオススメする3つの理由」を無料でプレゼントします! 登録後すぐにご覧いただけます。

スマホの方は「友だち追加」ボタンをクリック
友だち追加

パソコンでこのホームページを見ている方は、下のQRコードをスマホで読み込んでください。

ついでに読んでおきたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ